賀来メンタルクリニック

福岡県福岡市中央区薬院4-1-26 薬院大通りセンタービル弐番館2Fメディカルフロアー

心と体を取り戻すための語りと癒しの場
理事長・院長 賀来博光 (精神保健指定医、日本精神分析学会認定精神療法医)

精神科・心療内科・神経科・漢方診療
TOP 施設概略 診療案内 アクセス 治療 トピックス リンク

トピックス

うつ病とは


うつ病の研究史


精神分析入門

<うつ病とは>


Z 悲哀の仕事

 悲哀は対象喪失に引きつづく自己と対象の分離の認識、および愛情対象の喪失と同時にその愛情対象に投影同一化していた自己部分の喪失に基づく抑うつ態勢の破綻であり、悲哀の仕事と呼ばれる償いと取り入れの時期を経て心は統一性を回復します。そこでは自己の憎しみによって傷つき、死にかけている対象を修復し「償って」いくことが主要な課題になります。償いとは、愛情による憎しみの緩和です。
 ところが、個体の憎しみが愛情を上回っているために対象の損傷が激しく、愛情による償いが停滞し個体が傷ついた対象を抱えたままになってしまっている場合は、傷ついた対象からの責めとしての迫害的罪悪感が発生することになります。愛情による憎しみの緩和が成功せず償いによる対象の修復ができなくなり、そのため病者は傷ついたり死んでしまった対象を内在化させるのです。罪悪感の観点から見てみますと、抑うつ的な罪悪感に対して迫害的な罪悪感が優勢となっているために正常な悲哀の仕事が停滞してしまう、と言うことができます。
 愛情対象を失ったという悲哀に引きつづいて愛情対象を償いにより修復してあって、その対象に向けられた憎しみが愛情によって緩和されていない場合、病者は自己の憎しみによって傷ついている対象を取り入れる結果、病理的な状態が起こるのです。

→「うつ病とは」 目次へ戻る←